ダイエットの中でも難しい足痩せ

  • 2014.09.03 Wednesday
  • 14:10
足が痩せたくてダイエットをする人も多いですね。

さて、その足痩せの方法とはどんなものがあるのでしょうか?

足痩せといえば、部分痩せの人気癸韻任呂覆い任靴腓Δ。

足首やふくらはぎ、太ももなど、足の部位を細くさせたい人が多いようです。

足痩せを達成するには、どんな習慣や生活によって現在の足の状態ができているのか把握しなければなりません。

足痩せにチャレンジしたことのある人ならわかると思うのですが、部分痩せの中でももっとも難しいといってもいいでしょう。

思い付きでは出来ないダイエットの一つだと思います。

専門的な知識を駆使して挑まないと中々成功しないといわれています。

なので、通常はエステなどで専用の器具が必要になってくるので、足痩せをしたい人はエステに通う人が多いようです。

ダイエットをしても中々足が痩せないという人の場合は、脂肪でなく筋肉ががっちりついていることが多いです。

普段から運動をしない人やデスクワークの人は、運動量の少なさと代謝が悪いようです。

代謝効率が落ちると、脂肪が燃焼されにくく蓄積されやすくなります。

効果的な足痩せ方法はそれぞれのタイプによって異なります。

自分がどのタイプなのかを知って良い方法を見つけることが、足痩せの成功の近道です。
 

青汁でアンチエイジング

  • 2014.08.22 Friday
  • 14:07
加齢とともに気になってくるのが、肌のシワやたるみなどです。このような年齢とともに起こりやすくなる現象を、エイジングと呼びます。

いつまでも美しく、若くありたい女性にとって、エイジングは避けることのできない天敵でしょう。
しかし、エイジングによる肌トラブルは、生活習慣やスキンケアの改善により、予防することが可能なのです。

特に、青汁は、エイジングに立ち向かう『アンチエイジング効果』を持つ健康食品として、女性から熱い注目を集めています。
青汁がアンチエイジング効果を発揮するのは、豊富に含まれているメラトニン』呼ばれる成分です。

メラトニンは脳の松果腺から分泌されるホルモンの一種で、睡眠中に最も濃度が濃くなる分泌物で、体内では抗酸化物質として作用し、生体機能の老化を促進する活性酸素の働きを抑制してくれます。

この活性酸素は、肌の老化を進行させる最大要因のひとつで、シワやたるみなどの肌トラブルのもととなっています。

メラトニンは、この活性酸素の働きを阻害する働きを持つことから『若返りの成分』とされ、美容分野におけるアンチエイジング成分として注目されているのです。

青汁の代表的な原料であるケールには、このメラトニンがキャベツの約5倍含まれており、青汁1杯分だけで十分な効果を発揮します。

メラトニンは、美容によいだけでなく、健康面でも高い評価を得ている成分です。

具体的には、コレステロール値や血圧の調整、抗がん作用といった抗疾患作用の他、ストレスの緩和や安眠効果など、日常生活における有用性も確認されています。

睡眠不足は肌の老化を招きますので、安眠効果の点から見ても、メラトニンはアンチエイジング効果に優れた成分であると言えるのです。
 

便秘を対策には、どんな食品や習慣がいいのでしょうね?

  • 2014.08.04 Monday
  • 11:01
便秘対策についてですが。

便秘になるには様々な原因がありますが、主な原因としては・・・

・食生活に問題がある
・運動不足
・精神的ストレスが多い
・便秘薬への依存・乱用
・他の疾病の影響

などが考えられます。

そしてその対策として、まず見直さなくてはならないのは食事の内容ではないでしょうか。
食物繊維の多い食事を普段の生活の中に取り入れることが最適です。
野菜・海藻・きのこなどが代表的です。
食物繊維は、水分を溜め込み性質がある為、便を軟らかくしてスムーズに出してくれます。
また、便の嵩を増やして腸の蠕動運動を刺激してくれます。
更に腸内環境を整える善玉菌を増やすはたらきもあります。

特に和食は食物繊維が多いとされているので便秘対策には理想的といえます。

外食をする場合でも、意識的に和食を選ぶように心がけましょう。、
また、食事の量が少ないと腸への刺激が弱まり、蠕動運動のはたらきが悪くなるので、便秘の対策のためには、十分な量の食事を規則正しく摂るようにしましょう。

そして最も便意を感じやすいのは朝です。
しかも朝食の後がもっとも便意が感じやすいのです。
なので朝食は必ず食べるようにしましょう。

また、睡眠不足やストレスも自律神経の乱れを引き起こして便秘の原因となります。
運動不足もその1つです。
血行を悪くし、筋力の低下を招きます。
便秘解消のためにはウォーキングでも十分に効果があります。普段の生活の中でも歩く機会を増やして便秘を回避しましょう。
 

簡単なアンチエイジングの方法

  • 2014.07.30 Wednesday
  • 13:56
アンチエイジングの方法としては色々あります。

手術となると身体へのリスクも伴い、それと同時に莫大な費用を支払わなければならない事もあるでしょう。

アンチエイジングの方法には、クリニックに行かずともアンチエイジンググッズなどでできることもあります。

一人で取り組むアンチエイジングは可能なのか心配だという人もいるようです。

日頃の生活習慣を見返してみると、ほんの些細なところにアンチエイジングが可能な工夫が眠っています。

食事メニューを考える時は、年を取ると身体から少なくなっていく栄養素を重点的に摂取すれば、加齢の影響を食い止めることもできるでしょう。

アンチエイジングの方法は色々ありますが、生活リズムの見直しや健康第一の日常を目指すことはローコストで挑戦しがいのある行いです。

まずは食事メニューを再チェックして、欠乏しがちな栄養成分の補充を目指すといいでしょう。

アンチエイジングの方法は様々ですので、自分の体調や環境と考え合わせて手をつけやすいものから始めてみてください。
 

健康維持にもストレッチはおすすめ

  • 2014.07.02 Wednesday
  • 21:49
体脂肪を効率的に代謝するには、ストレッチダイエットがおすすめです。

簡単にいえば筋肉を伸ばす運動がストレッチです。

筋肉の柔軟性を高めると代謝も高まるのです。

それを利用して代謝を活性化し、血流を促進して痩せやすい体質を作るのです。

しかも毎日続けるという継続性が大切となってきます。

1日5分程でいいので毎日続ければ効果は必ず出ます。

運動前にストレッチをすることで、筋肉が柔らかくなって運動しやすくなるので、ケガの予防にもなります。

そして、ストレッチをダイエットに組み込むことによって、基礎代謝を高め、運動のしやすい体質を作り、ダイエットに役立てることができます。

ストレッチによって筋肉内に酸素を取込む量が増える為、筋肉での消費カロリーをアップさせることができるのです。

何と!基礎代謝が10%上げることができれば、じっとしていても1時間程の運動に匹敵するカロリーを消費する事が出来るようになるそうです。

夢のような話ですよね。

これは遣り甲斐がありますね。

健康をキープするには、体は柔軟な状態にしておいた方がいいようです。

毎日5分の運動さえやっていれば、ストレッチダイエットで様々な特典を得られます。どうぞ試しててください。