ETCカードを使ってドライブや旅行をするのには、多くのメリットがあります。

料金所で止まったり支払いをしたりしなくてもいいのは言うまでもありませんが、一部のサービスエリアやパーキングエリアにはスマートICがあり、ETCを使えばそこから高速に出入りすることができます。

しかし、ETCカードを車に挿し忘れることやETCバーへの侵入速度だけには気をつけなければならないでしょう。

基本的にETCバーは柔らかい素材で、ぶつかっても車もバーも壊れないこともありますが、そうでない場合、自分の車が傷ついたり、バーの修理代を弁償しなければならなくなります。

警護車がETCバーにぶつかりそうになり、安部総理が玉突き事故に巻き込まれたということもありましたし、ETCゲートには安全な速度で進入することが必要です。