日本の高速道路は世界一と言われています。
それだけ日本の設備技術力は優れているということです。

日本の高速道路は世界一で、山間部を除く主要道は、ドイツのアウトバーンとほぼ同規格で設計されているので、理論上200km/hで走っても全く問題ありません。
日本の高速道路の場合、山の中を切り開かなければならないので、高い技術力が要求されます。

グネグネ曲がったつくりが多い中、スピードを出すことができる高速道路を作るのは至難の業です。
また、日本の高速道路は見た目も美しく、素晴らしい美観であると、世界の国々から賞賛されています。

美しいフォルムとその造形は、まさに最高到達点に達しているといっても過言ではなく、それは誰しもが納得するところです。
また、夜になるとライトアップされて高速道路はより一層映えます。

外国の人々は、日本の高速道路の画像をみると、是非日本に行ってみたいと言います。
日本の高速道路が世界一というのは、世界の国の人々が認めた意見で、決して眉唾物ではないのです。

また、これは決して自慢できないことなのですが、日本の高速道路の通行料は、世界一高いと言われていて、しかもすべてが有料です。
9割方が無料のアメリカと比較すると、この事態はきわめて特異と言えます。